新聞広告の裏ワザ
無料提案
新聞広告の裏技
法定公告
広告代理店様

激安広告料金でライバルに差をつけろ!

キャンセル枠を狙え!

各媒体社にとって最大の恐怖は広告枠が埋まらない事。そのような事態にならないように早い段階から計画的に進めていくのですが、どうしても出てくるのが突然のアクシデント。

掲載2〜3日前に突然、何らかの事情で枠が空いてしまう場合が実は結構あり、空きが出た広告枠はその都度サイズ等が違う為、新規のクライアント様では打合せや原稿制作の時間がないので、既存掲載クライアントにお願いして、掲載日の入れ替えなどで対処しています。この時に掲載予定外の広告があれば破格で出稿する事が可能になりますが、時間勝負となります。

メディアバリューでは他媒体の違うサイズの原稿からでも即座に対応でき、各媒体の空枠情報をいち早く入手して、メールにてお知らせしております。

月極広告がお得!

掲載日にこだわらなければ断然、月極契約がお得。掲載は媒体の都合になる分、料金も大幅に割り引かれます。もちろん、契約本数は消化されますし、プラスアルファも期待できます。そのプラスアルファを招きやすくする方法があるのです。

新聞の月極広告の場合、多くが同一サイズで入稿されていますので時には原稿サイズが偏る場合があるのです。新聞社での広告割り付けはパズルを埋める様な作業になりますので、たくさんのサイズのピースを用意しているとその分、使用されるケースが増えます。そのチャンスを大きくする為に、メディアバリューでは複数サイズの入稿を推奨しております。

その場合の制作料は1種類の料金のみで他のサイズの制作料はいただきません。その時にどのサイズの原稿が有利かを判断し、お客様に提案しております。

企画枠でプラスアルファ

各新聞社により、年間を通して様々な特集企画が予定されております。例えば春先のプロ野球開幕特集や、夏前のレジャー特集、大小様々なイベントに併せた企画等ですが、その特集記事の下に、通常とは別枠で広告枠が入ります。本来、特集に関連する業種の広告を目指しているのですが、掲載日が先に決まっている為に広告の営業スケジュールが厳しくなり、とにかく埋めなくてはならない状況になる場合も少なくありません。

上記のキャンセル枠と同様な状況なのですが、違うのは特集ページ故に、少しでも関連性のある業種であれば大幅なディスカウントと併せて、記事広告等もプラスされる場合もございます。更に新聞社の「貸し」がある状況に持って行き、今後に通常出稿する際の料金交渉が容易になるようにします。

地域版をフル活用

細かくエリアごとに分けられた各地域版があり、このページの広告枠は各新聞社系列の広告代理店の買い切り枠になっている場合がほとんどとなっております。新聞社系列の代理店は他媒体との繋がりが薄い為に、既存クライアントに頼りがちになり、広くセールスをしておりません。

弊社ではこれらの空き枠情報を一括に収集しており、クライアント様の必要なエリアのみにて格安に出稿したり、新原稿の打診的な出稿で効果測定等に有効にご利用いただいております。また、同時に複数エリアで出稿して更にディスカウントする事も可能です。

プレゼントパブで無料告知

広告としての出稿ではなく、読者への商品プレゼントとして掲載する事で、商品の認知度を上げる方法もございます。この場合は商品提供のみで掲載に関する費用は掛かりませんが、希望される企業も多く、必ず掲載されると保証できませんが、情報を早く掴むことで比較的掲載されやすくする事は可能です。

また、イベント・公演などのチケットプレゼントは告知も兼ねて掲載される場合も多く、弊社でも定期的に利用しております。