広告事例
無料提案
新聞広告の裏技
法定公告
広告代理店様
観光PRの効率の良い集客方法とは?

地方創生時代の観光集客の為の効果的なプロモーション

行動を促す

いつもの観光イベントからの脱却

観光協会様・レジャー施設様・観光農園様からのご相談も多く受けておりますが、弊社にご相談いただく場合の多くが、イベント等までの日数が残り少ない場合が多く、当然ながらできる事に限界もございますが、限られた中でも出来る事はたくさんございます。
年間を通してご相談いただければ、プレスリリース等、企画のアドバイス・効率化等を含め、大幅に改善できる事があるはずですので、お電話・メールでのご相談は無料になりますのでお早めにご相談いただければと存じます。

イベントまで残り日数の少ない場合

よく観光協会様から近く行われるイベント、お祭り等の告知のご相談を受けます。多くが10日以内で、本来行いたいプロモーションとは違った展開をするしかなく、ご予算も10万円以内となっている場合もございます。
今回も観光協会様主催の地元グルメフェアから8日前にご相談をいただきました。現状をお聞きすると地元新聞の地域版と市の広報誌、自サイトで毎年同じ展開をされているとの事でした。隣接する地域へは期待が薄いので何もしていないとの事でした。今回は残された時間が少ないので、ネット・SNSを中心に進行させていただき、ぎりぎりイベント5日前より、フェイスブック広告とランディングページを作りリスティング、また実質市が運営する地元ケーブルテレビ様にユーチューブに動画を20本ほどアップしていただきました。また、地元駅、郵便局様等に掛け合い、特別にポスターやリーフレットを置かせていただきました。リスティングは4万円のご予算でしたが、地域設定とキーワードを直接的なものを避けて単価を低くしたので前日まで掲載できました。
結果としては、天候にも恵まれた事もありましたが前年比120%の来場者となりました。今回使ったランディングページはこのまま残し、来年の為に継続して運用していく事となりました。
短期間での広告費用
観光農園様よりのご依頼
複数の施設をお持ちの兵庫研の観光農園様より、当初はホームページを一新したいとのご依頼からお付き合いをさせていただく事となりました。今まではホームページ、広告、印刷、デザインをそれぞれ違う会社にご依頼されておられましたので、弊社で一括してお任せいただく事となり、月額のコストが約7割程度まで圧縮できました。弊社としても一括してお任せいただけるとコスト削減のお手伝い以外にも全体を把握できますので提案の幅が大きく拡がります。 最初に手がけたホームページですが、スマホ対応のレスポンシブサイトに変更し、画像等も新たに撮影した写真を使用して、より詳しく味覚狩り等で採れたものの様々な料理のレシピ等、内容のある情報をたくさん増やしました。 次に広告ですが、こらまでは地方新聞地域版で月1回と、神戸・姫路・大阪のフリーペーパーに広告掲載されていたものを同額の総予算で大阪の新聞社系フリーペーパーと、FMラジオの生コマーシャルに切り替え、格安のスポット案件が出た場合にスポーツ新聞への広告を小さいながらもパブリシティを後日掲載の条件付きで掲載しました。これらにより、今までよりもエリア・広告接触者も大きく増えました。 また印刷物を減らし、リピーター確保のためのバラエティに富んだイベントを行う事とし、その情報を伝える為、LINEやフェイスブックの友達に登録してもらうとプレゼントの配布などを行いました。 そして一番効果が出たのがリスティングで、直接的なキーワードはSEOで既に上位表示されていたので、リスティングは幹線道路や周辺の観光地域を中心にしていたところ、旅行会社からツアーの一部にとの話が増えて、観光バスでの来園が多く爆発的に来園者が増えました。今後は増えた来園者に向けて贈答用の通販の仕組みを作る予定です。