広告事例
無料提案
新聞広告の裏技
法定公告
広告代理店様
ワンパターンになっていませんか?

入試説明会・オープンキャンパスは広告次第

受験者数増やしたい!

受験者数アップは地道な告知あるのみ!

学校広告の裏技

学校の新聞広告は高い!でも安く出したい!

広告業界には業種単価というものがございます。特定の業種はどのクライアントでも横並料金になり、大学、高校もそのひとつです。
特に新聞は他業種よりも学校関係はかなり割高に設定されており、値引き交渉もできません。広告予算が潤沢にある学校であれば良いのですがこれでは予算の少ない学校は小さい連合枠等を利用するしかないというケースも多いと思います。
但し、この連合枠は同様に学校の特集で同じ入試説明会の告知ばかりで埋もれてしまい反響は期待できません。
広告は認知していただけなければ意味がなく、有名大学でなければ複数回をできれば単独で告知するのが最善策となります。その方法をいかに低予算で可能にするかがポイントになります。
先に述べました新聞の学校単価ですが、地域版や雑報枠、企画枠では設定されていない新聞社もございますので、それらを上手く利用すれば低予算で複数回を掲載することも可能になります。
中でも記事体広告(パブリシティ広告)を当社ではお薦めします。
告知以外に学校のPRも説明できるパブリシティ広告
パブリシティ広告審査基準も各新聞社でばらつきがございますが、記事体のパブリシティ広告でしたら、ご予算的には地方紙であれば10万円前後で掲載可能なケースがございます。
記事下広告と違い、デザインはできませんが文字数は平均400文字程度ございますので、学校のPRもある程度記載できますし、ご予算次第で複数回の掲載で認知度を高める事も可能です。
多くの場合、4大紙を使った東京本社版や大阪本社版で通常の記事下広告を使い、幅広く告知をされますが、このパブリシティ広告をご使用される場合は、地域が限定されてはしまいますす。しかし、思い切って都市部は諦め、地域を絞った戦略に切り替えて受験者数アップをされたケースもございますので、ご予算が少ない場合はこの方法をお薦めします。入試説明会だけでなく、オープンキャンパスにも有効だと考えます。
専門学校・大学のPR手法のこれから
PR手法のこれから 既に実施されているメディアですがラジオCMも中学生・高校生に向けて訴求力があると大学・専門学校・高校 の学校関係者様にはご存知だとは存じますが、最近の家族の関係性から親世代の影響力は以前より、より一層強くなってきております。
そこで、昼間のラジオCM、特に生コマーシャルに注目しております。
深夜にスポットCMを併用できれば更に効果的です。
ラジオCMについては地域により異なりますが、関西であれば生コマーシャル1本(3分程度)で、昼の人気時間帯で15万円〜30万円。スポットCMは1本1万円前後です。地方ならこの半額でできる場合もございます。ご予算次第で、先に述べたパブリシティ広告と併せて地方限定のメディアミックスも効果がかなり見込めます。
学校の特性により、様々なメディアをご案内します。
その他のメディアでもSNS等を使ったケースもございますが、残念ながら思う様な効果は得られませんでした。 スポーツ整体の専門学校様のケースでは専門誌・スポーツ新聞で、看護専門学校ではルートメディアで、それぞれ反響を得ました。もちろん、リスティング等のネット広告を多用する場合もございます。まずは無料相談いただければ、学校特性に合わせてご予算別にご提案させていただきます。