新聞広告
無料提案
新聞広告の裏技
法定公告
広告代理店様
ネット広告の躍進で出稿料が下降している新聞媒体。メディア選択の増えた現在、昔のような効果は期待できません。
しかし、現在も主要媒体の大きな位置を占めており、30代以上の消費者にはネット以上の広告効果を上げています。公共性の高さから消費者への信頼感は高く、積極的に展開すべき媒体と考えます。
ただし、普通に広告を載せるだけでは効果は期待できません。広告内容に最も適した媒体選択・出稿スペースと、どの位の予算で抑えればよいのか?その読者層、スペースで最大の反響を上げられる原稿を用意できるか?
それらをクリアできるネットワークと企画提案力で御社をサポートいたします。
全国紙
ブロック紙・地方紙
スポーツ紙
夕刊紙
新聞広告サイズ
記事体広告、連合広告、その他にも多様な掲載方法がございます。
社会的信頼感があり、掲載紙が販促物にも。
毎日発行され、タイムリーに広告が出せる。
幅広いターゲットにしっかり伝わる。
地域版にてエリア選別が細かく設定できる。
審査が比較的厳しく、NG業種がある。
料金が不明瞭で代理店によって差がある。
保存性が低く、効果は短期間になる。
ターゲットの特定はできない。
広告掲載までのながれ
1.無料提案へお問い合わせ
ターゲット・予算・エリア等からご提案させていただきます。
※複数の代理店より見積もりがある場合、新聞社からの料金提示が高めになりますのでご注意下さい。
 また、その料金が実績として残り、今後の料金交渉の障害となる場合がございます。
2.原稿制作
素材を提供いただければ、基本的にデザイン提案・制作は無料です。また、別途実費にて素材購入、モデル手配、撮影も承ります。
3.新聞社への申込
ご希望の掲載日に空き枠がない場合もございます。また、複数の新聞で同時掲載の場合は1ヶ月位前より調整が必要となります。単独の場合でも10日前にはお申込み下さい。
4.広告掲載
掲載紙は3部まで、無料でお送りいたします。複数回数のご出稿の場合、反響などから次回のご提案をさせていただきます。