PAGE TOP
無料提案
06-6130-3321
墓地・霊園様の広告事例
買取業者様の広告事例

霊園・墓地の広告・WEB戦略

墓地・霊園の強みをしっかりアピール

広告一元化で効率アップ

広告を一元化

SEOからテレビCMまで

自社のアピールポイントは何か?そのポイントはお客様にとってどの様に魅力を感じるのか?
アピールポイントが弱いのであれば、サービスの拡充が必要ですが、近隣の霊園との差別化を考慮して新たなサービスを見つけるお手伝いをさせていただきます。
メディアバリューならチラシ・新聞広告等の紙媒体とWEB、映像、看板などを発注を一元化する事で作業効率を改善すると同時にコストも大幅に削減できますので、削減できたコストで新たなプロモーションを展開出来ます。

多様化するニーズ、強い分野を強調

強い分野を強調

霊園・墓地を探しているユーザーは何を重視しているのか?自社はどこが強みなのかをしっかりと把握して、ホームページや広告の内容を固めましょう。
立地、アクセスはどうしようも無いので、恵まれていない場合は他の価値を強化してアピールしましょう。このアピール出来るコンテンツ次第で、広告展開の方向性が大きく変わります。
共通しているのは自社サイトのイメージ戦略の再構築、霊園・墓地を検討のお客様の場合、気軽に電話で問い合わせするタイプは少なく、ホームページで料金等の契約内容、お客様の知りたい事は全てWEB上で知れる状態にしておく必要があります。まずはホームページ診断、再構成してからのブランディングになります。また広告用のランディングページも場合によっては用意した方が良いでしょう。

世代別に広告選択

お墓について検討される方は高齢者に多いのは現実ですが、最近は家族で検討されるケースが増え、若い世代にも向けて発信する必要があります。
特に家族が集まる機会の増える、お盆、正月に向けて集中してプロモーションするのが理想です。ただし、それぞれ違う媒体に接しているのでそれぞれに向けて発信するのですが、ネットを使う若い世代は、お墓について日常的に考えてはいないケースが多いので、「地名」+「墓地」、「改葬」、「墓じまい」などのオーソドックなワードでのSEO、リスティング広告位で良いでしょう。親御様にも従来からあるメディアで良いのですが、広告の量、質でライバルに差をつけましょう。

WEB展開でも差別化

霊園・墓地のホームページは上記にも述べましたが、閲覧者が問い合わせする必要がない位に情報を出すべきです。見る方は若い世代ですので世代に向け予算感は明確にし、明るいイメージカラーで統一してブランディングします。また、可能であれば動画もサイト内にあればより訴求力が上がります。動画はYouTubeでも使用してプロモーション出来ますので制作する事をお勧めします。動画制作は10万円程度でも可能ですが、訴求力の無い動画であれば意味が無いので30万円〜50万円位のご予算でご検討していただければ、是非加えたいコンテンツです。
またネット広告

HP制作8万円〜 LP制作6万円〜
新聞広告

部数が減少傾向の新聞ですが、それでもまだ絶大な部数が発行され、特にシニア層の購読率は高く、社会的信頼性もあることから、ブランディングには欠かせないメディアです。
ただ、新聞社の多くが墓地・霊園の業種単価を設定しているうえ、過去に掲載や見積もり実績のあるクライアント様のディスカウントが非常に困難になりますが、この単価設定や実績に当てはまらないエリア版を上手に使えば大幅なディスカウント交渉も可能になります。ブランディングですので回数を多く出すためにも料金交渉は必須になります。
過去に折込チラシを月2回行っていたケースで、新聞折込を月1回に減らして、折込チラシ1回分の予算で新聞のエリア版広告2回に変更した結果、問い合わせ件数が130%となり、ホームページのアクセスも120%となりました。

東京都内版 大阪府下版

東京、大阪以外にも全国の都道府県でエリア版がございます。詳しくはお問い合わせ下さい。

折込チラシ・同梱チラシ

新聞折込チラシは多くの墓地・霊園様の広告媒体として使われており、一定の反響はございますが、現状では新聞の購読者層が固定されておりますので、月1回を定期的に行えば良いと思われます。折込チラシのコスト圧縮は困難ですので限られた部数の折込地区の配分をデータを取りながら効率の良い戦略を立てる必要ですのワンパターンの行動は避けるべきです。
同梱チラシはまだ墓地・霊園様の実績は少ないのですが、他社も行っていないのでチャンスがあり、通販カタログの同梱チラシではある程度ターゲットが絞れますのでこれから注目のメディアです。

無料提案 新聞広告の裏技 法定公告 広告代理店募集!
広告事例

無料提案・お見積もりはコチラ